RSS

この刹那に、愛を超越(こ)えろ

18 3月

Dies irae ~ Amantes amentes ~
PSP版怒りの日がきますね!

もうね、今日の記事のタイトルにも使わせてもらったけど
キャッチコピーが秀逸すぎるだろw

新ルート追加に期待してます
声優も表名義になっただけでそのままのようなので一安心です

サブタイはマリィの流出なのかな?
でも僕の中ではActa est Fabulaでの獣殿・蓮・ニートの流出で
Dies irae・Also sprach Zarathustra・Acta est Fabula
が揃ったシーン以上の熱い展開はないだろうw

無印版ではマリィルートの蓮とハイドリヒ卿が武器つき合わせてるのをニートが止めてるCGが好きだったなぁ
エロゲなのに野郎のCGの方が気合入ってるってどういう事だよって思った記憶があるw
まぁそういうゲームだし僕はそういうのが好きだから問題ないです

願わくばベイ中尉かルサルカがメインのルート追加してくれるといいなぁ・・・
あ、もちろん司狼がメインのルートも大歓迎です、ルネッサンス!

ムービーはサーバーが重すぎるのか未だに落とせていませんw

・「今日の一枚」

八雲紫

背景でなんとなく横浜中華街を想像した、いきてー
食べ歩きして―

・「今日の一曲!」
「LAST SMILE」

かー・・・きーやん!
いい声だし歌うの楽しいんだろうなぁ
かっこいいなぁ

そういえば最近ニコ動でチュンソフトの街SS版実況動画を見たんだけど
きーやん出てるんだねw

・余談
最前線というサイトにあるフェノメノマージナル・オペレーションを読みました
どちらも面白かったです、フェノメノはニトロプラス所属の方が書いているようです
ホラー系のボーイミーツガールの王道な感じで僕は好きです

マージナル・オペレーションの作者さんは
あのガンパレードマーチでお馴染みの芝村裕吏さんです
イラストもそうなんですが戦場でスーツ姿ってことで
読みながら僕の頭の中に想像されるのはブラック・ラグーンのロックでした
これ多分僕だけじゃないだろw

芝村さんへのインタビューのリンクがあったのでそっちも読んだのですが
インタビューする人がすごく読者寄りな人で面白かったです
インタビューというのはこうでなくちゃね!

ちなみにこのサイトではレッドドラゴンというロールプレイングフィクションが載っており
豪華メンバーで楽しそうです
最初にこの企画を見かけた時に魔術書のレッドドラゴンが浮かびましたが関係ないっぽいです
最新の第七幕まで読んだのですが虚淵さんのプレイヤーとしてのスキルが高すぎて笑いましたw

広告
 
4件のコメント

投稿者: : 2012年3月18日 投稿先 駄文

 

この刹那に、愛を超越(こ)えろ」への4件のフィードバック

  1. rooton

    2012年3月18日 at 1:53 AM

    知らない人がDies ireaのHPのトップだけ見ると普通のRPGとかアクション系のゲームかなーと思っちゃいそうな感じの雰囲気だw

     
    • Night Breaker

      2012年3月18日 at 2:24 PM

      確かに元エロゲーには見えないなw

       
  2. squee3

    2012年3月20日 at 6:50 PM

    保存しました(^q^)

     
    • Night Breaker

      2012年3月20日 at 9:05 PM

      あ、うん さすが紫厨だね・・・

       

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。